top of page

ハワイをこよなく愛する翻訳者おすすめ、少し足を延ばして楽しむ Oahu のスポット4選


こんにちは、英日翻訳者、フラ講師の板羽柚佳です。仕事柄、年に数回は訪れるハワイですが、今回は心も体も解放される美しいビーチから、物価が高いと言われている現地の中でもロコ(=ハワイで生まれ育った人たちのこと)価格でリーズナブルにいただけるテイクアウトグルメ、ハワイへ移住した日本人移民の心の支えとなっているスポットまで、観光客が多く滞在するワイキキ以外の、楽しくて癖になるおススメスポットをご紹介します。


1. カイルアピルボックスハイクから、おすすめテイクアウトサラダを持ってビーチへGO!

太平洋に面した美しいビーチで知られるハワイのオアフ島には、

数々の魅力的なスポットが点在しています。


その中でも特におすすめなのが、アラモアナから The Bus で30分ほどのカイルア。


ピルボックスハイキングを楽しんだ後は、

地元で人気のテイクアウトサラダのお店で大盛りのサラダをテイクアウトして、

ビーチでランチタイムを楽しみませんか?



カイルアビーチは、Lanikai(ハワイ語で天国の海)ビーチの隣にあり、白い砂浜と透明度の高い海で有名な場所です。


ここから、美しい景色を楽しみながらラニカイ・ピルボックス・トレイルハイキングに挑戦することができます。


ピルボックスは第二次世界大戦中に築かれた砲台跡で、現在はハイキングコースとしてとても人気があります。

カイルアビーチからピルボックスまではおよそ30分ほどで到着することができます。


途中のトレイルは緩やかな上り坂で、すこし息切れをしてしまいそうなポイントもありますが、眼下に広がる景色の美しさとピルボックスからの眺めは一見の価値があります。



トレイルとハイキングする人たちと海

コースは比較的短く、緑豊かな植物に囲まれた涼しい風が心地よく吹き抜ける休憩に最適なポイントもあり、体力に自信がなくても気軽に楽しむことができます。


ぬかるんでいる所もあり、岩場などもありますので、個人的にはシューズを着用の上、楽しむことをおすすめします。


また、水分補給の準備をしていくこともお忘れなく。

頂上に到着すると、そこからの眺めは絶景です。


マジックアワーと言われるサンセットタイムは言葉にできないほどの美しさ。まさに圧巻です。


広大なきれいな海と山々

ハイキングの後は、カイルアにあるおしゃれなサラダのお店「Aloha Saladas」へ!


個々の目玉はなんと言っても、フレッシュなサラダのテイクアウト!

地元の新鮮な食材を使った彩り豊かなサラダは、見た目も美しいだけでなく、健康にも配慮されています。


さまざまな種類の野菜やフルーツが組み合わされたサラダに、特製のドレッシングがついてきます。



ヘルシーな野菜と果物

ハワイのサラダプレート

おすすめは、シーザーサラダやトロピカルサラダなど、

ハワイらしいフレーバーが楽しめる一品。

サラダだけでなく、追加のトッピングやサイドメニューも充実しており、自分好みの組み合わせを楽しむことができます。


今回は上記の2種類をオーダーしました。4人でシェアしても余るほどの量。


ここにエビの風味豊かなスープとブレッドがセットでそれぞれ12ドル(2023年6月現在で約1,700円)。


ハワイの物価は高いというイメージがありますが、

おそらくレストランではチップを含んで支払う必要があるということと、出される量が日本の倍はある、ということ、またワイキキ周辺は観光地価格設定であるということもその理由の一つになるかもしれません。


少し足を伸ばして、その地区のテイクアウトレストランを利用すると、割とリーズナブルに楽しめますよ。


ラニカイ・ピルボックス・トレイルハイキングからの穏やかな波と白い砂浜のカイルアビーチでテイクアウトサラダランチ。


自然やヘルシーなライフスタイルを好む方に特におすすめの過ごし方です。



2. エネルギーみなぎるスポット、オアフ島の東側にあるハワイカイの「ハロナ・ブローホール(潮吹き岩)」


ハワイの綺麗な青い海ハロナ・ブローホール
岩場に腰掛け、空と海を眺めているだけで力がみなぎってくる感じがします

溶岩でできた岩場の割れ目から海水が迫力満点の音とともに噴き上がる様子を楽しめる潮吹き岩。こちらのブローホールは、パイレーツ・オブ・カリビアンやセンター・オブ・ジ・アースの撮影場所にも採用されたことのある場所で、海岸線にある岩の隙間から、高さ数十メートルもの水柱が勢いよく噴き上げる様子は、まさに大自然のエネルギーそのもの!


風や波の状態によって水柱の高さや勢いが変わるため、訪れる度に異なる表情を見せてくれます。特に風が強い日や海が荒れている時には、迫力満点のショーを楽しむことができます。周辺には無料駐車場や展望台も整備されていますので、レンタカーを使って行ってみるのもいいですよ?ココヘッドを眺めながらのワイキキからのドライブ。思い出しただけで、気分が上がってしまいます♪


オアフ島東側でエネルギーみなぎる潮吹き岩のショーと溶岩でできた岩場の何とも言えない美しさに心を満たされる時間を過ごしてみてはいかかでしょうか?



3. アラモアナ西側、ワード地区のロコにも人気のトルコ料理レストラン Istanbul(イスタンブール)へ


ワイキキからも気軽に足を伸ばせるアラモアナ。

その西側に位置するワード地区は、おしゃれな雰囲気が漂うエリアとして知られています。


ビーチサイドの雰囲気はこんな感じ。


海外の港と車

なんとも絵になる光景です。歩いているだけでもお洒落な気分になれるスポット。


多くのショップやレストランが集まっており、その中でも特におすすめなのがこちらのトルコ料理レストラン「Istanbul(イスタンブール)」。



ガラス張りのビル

本場のトルコ料理を堪能できるお店としてロコに人気の予約必須レストラン。


一歩店内に入ると、トルコの伝統的なデザインや装飾が施されたインテリアが目に飛び込んできます。


温かみのある照明とオリエンタルなインテリアが調和し、居心地の良い空間が広がっています。ハワイでトルコが楽しめてしまう場所です。

また屋外テラス席での食事も気持ちいいですよ。


メニューには様々なトルコ料理が並んでおり、

ケバブやシシュ・ケバブ、ハムスやババ・ガヌージといったスパイスがほどよく効いた

トルコの伝統料理を堪能することができます。


トマトがたくさんのったサラダ

さっぱりしたフェタチーズの味わいがサラダにマッチして、

永遠に食べられそうな気分になるハウスサラダ。


本格ケバブのお肉

スパイスの味わいが絶妙で、柔らかくジューシーなケバブ。


美味しそうなトルコ料理

ひよこ豆がベースのフムス。優しい味わいに癒されます。


また、トルコの伝統的な飲み物も楽しむことができます。


トルココーヒーやアップルティー、すこし甘みのあるミントティーなどが人気です。

食事と一緒に、トルコの飲み物を味わうことで、より一層トルコ文化に触れることができるでしょう。


赤いゴルフ用のバス

ゴルフ好きには垂涎のショップ、ロジャー・ダンもこの地区内にあります。


美味しいお料理だけでなく、おしゃれな雰囲気やショッピングも楽しめるワード地区。

ワイキキからもサクッと気軽に行けるスポットです。


お散歩がてら、足を伸ばしてみてはいかがですか?



4. ゴルフ好きが一度は行ってみたい入場困難?!なゴルフ場や日本人移民の心に触れることができるお寺が位置するカネオヘ


ハワイには数多くの美しいゴルフ場がありますが、その中でも特に絶景を眺めながら楽しめるのが、ミリタリー関係者と繋がっている人だけがプレーできる、リーズナブルかつ絶景のゴルフ場、カネオヘクリッパーゴルフコースです。


ハワイのゴルフ場の看板

カイルアの北側に位置するアメリカ海兵隊基地内にあり、一般のゴルファーは利用不可。


特別な許可が必要ですが、圧巻の景色を楽しみながらプレーを楽しめます。


ハワイのゴルフ場から見える海

海岸沿いに各ホールが縦に並んでいるコース。日本では経験しがたいコース形状です。


ゴルフをする女性とハワイの自然

控えめに言って…、最高のロケーションです。


さらに驚くべきことに、プレー料金が驚きのわずか40ドル!さすがミリタリーが所有するゴルフ場です。


ミリタリー関係者とご縁のあるかたは、ぜひ、一度、行ってみてください。


またカネオヘには、戦前にハワイへ移住した日本人たちの心の支えとなっていたお寺があります。


このお寺は、日本からのハワイ移民者たちによって創設された場所であり、あの世界遺産にも指定されている宇治の平等院を模した美しい建物が特徴です。


山々のなかに立派なお寺

ハワイ平等院は、バックに広がるコウラウ山脈の緑と対照的な赤い建物が特徴的で、一歩足を踏み入れると日本の風情を感じることができます。


静寂な雰囲気の中で、心を落ち着かせて散策することができます。


お寺の建築と観光客

日本の伝統とハワイの美しい自然が融合したハワイ平等院。


コツコツと地に足をつけて生きてきた日本人移民たちへ思いを馳せながら、

ひと味違うハワイを感じてみてください。



ハワイにはまだまだ穴場がたくさん


いかがでしたでしょうか?


ワイキキだけじゃないオアフ。


意外とリーズナブルだったり、ハワイにいながらまた別の国の空気感を楽しめたり、日本の心を思い出せる場所があったり…。


その他にも日本に帰ってからもハワイの空気感を楽しめる、ヤシの葉を用いたハット作りのワークショップやサーファーの聖地ノースショアサイドにあるおススメテイクアウトランチなど、実はまだまだご紹介したい穴場スポットがたくさんあります。


少し足を伸ばして楽しむおすすめスポット。次回もお楽しみに!



参考:



=========================================

著者プロフィール


YUKA ITAHA


テレビラジオ業界でナレーターとして25年、フラ教室主宰15年とエンタメ業界一筋で生きてきたが、コロナ禍をきっかけに長年の夢だった翻訳業務を開始。

ハワイへは年に数回渡航。日々変化していく生きた英語に触れながら、

異文化間の思考の違いや取り組み方の違いを肌で感じ、

その違いを相互理解しながら埋めていくための一助となるべく、目下、邁進中。

閲覧数:108回0件のコメント

Comments


bottom of page